soft voices music

小さな声=soft voicesの文化を綴るブログ

海を見ていた午後/Love Songs

いつかこの景色の中にいたことがあるという、そんなことに出くわすことがあります。それは記憶なのか、夢なのかわからない。

でもここにはきたことがあるのです。または小さな声の音楽の中にそれを見出だします。

僕はアメリカの古いカントリーやポップスを聴くと、時々、この音楽をよく聴いてきたように感じることがあります。それは不思議な感覚ではありますが、とても心地よく、小さな声の音楽だからあり得るファンタジーだと感じます。

大きな音や激しい音、インパクトがあるサウンドは想像力を限定してしまうことがあります。それゆえに音から飛んでくる主張は強い。小さな声の音楽は、僕たちひとりひとりの中にある想像力の羽をそっと優しく広げてくれます。時として、それは繊細すぎるかもしれません。でもそれでいい。やわらかい心にはファンタジーが宿る。

 

Sometimes I come across such a thing that I have been in this landscape someday. I don't know if it is a memory or a dream. But I have been here before. Or I find it in the music of the little voices.

When I listen to old American country and pop music, sometimes I feel as if I have heard this music a lot. It is a strange feeling, but I find it very pleasant and a fantasy that is possible because it is music of small voices.

Loud, intense, impactful sounds can limit the imagination. Hence, the insistence that flies from the sound is strong. Music with a small voice gently spreads the wings of imagination within each of us. At times, it may be too delicate. But that is fine. Fantasy resides in a soft heart.

海を見ていた午後

海を見ていた午後

  • provided courtesy of iTunes

 

ロックンロールはポップス/R&R is Pop Music

良質なレコーディング作品は時間を超える。何年経っても新しい発見があります。僕が好きな作品も、あらゆる時間や時代を超えて、まるで新譜のような輝きを放っています。

いろいろなジャンルの作品を聴いてます。特にジャンルにカテゴライズすることができない音楽が好きです。昔は大きな音でライブのようなテンションの作品を好んで聴いていたのですが、いまはもっと自分の部屋の中で作られたような音楽に惹かれます。

ロックにはなかなかそんな作品はないのでは?と聞かれますが、そんなこともなく、僕が好きなロック作品はそんなルーム音楽が多い。

たとえばRC SUCCESSIONの名盤『Baby a Go Go 』はそんな僕の好きなロックの代表作。歌バンでうるさくない音。うるさくない歌バンはどんな激しい曲もルーム音楽になる。歌バンとは80年代以降の派手なサウンドではなく、50年代に生まれ、60年代に育ち、70年代に様々な枝葉に花が咲いたサウンド。ロックンロールとは歌バンであり、歌がポップスの領域まで入る、うるさくない、音が必要以上には鳴っていないバンド。RC SUCCESSIONのこのアルバムを聴いた瞬間、実感します。ロックンロールはポップスであることを。

A good recorded work is timeless. Even after all these years, there are still new discoveries to be made. The works I like also transcend time and age, shining as if they were new recordings.

I especially like music that cannot be divided into genres. I used to prefer works with loud sounds and live tension, but now I am drawn to music that sounds like it was created in my room.

For example, RC SUCCESSION's masterpiece "Baby a Go Go" is a prime example of the kind of rock I like. The band focuses on singing, and the sound is not too loud. No matter how intense the song is, if it is not too loud, it can be room music. It is not the loud sound of the 80's and beyond, but a sound that was born in the 50's, grew up in the 60's, and blossomed in the 70's with various branches. Rock and roll is music that is not loud and the songs is  pop music.

When I listened to this album by RC SUCCESSION, I realized that rock and roll is pop music.

 

Baby a Go Go

Baby a Go Go

唯一無二の贈り物 - Tinsel and Lights

1年はこの季節のためにある。僕はいつもこの季節になると思います。ショッピングモールや店の中、駅やデパート、夜の街に流れるクリスマスのメロディー。日本のクリスマスは冬だが、寒さを包み込むようにイルミネーションがあたたかい。週末のパーティーもいいのですが、平日の夜、1人で音楽とともに過ごすのも、時間の外にいる気分でちょっとした贅沢。目的もなく街を歩いたり、ドライブしたり、または部屋の中で音の中に身を委ねたり、想像力がいいパートナーになる季節。いつも時間に追いかけれている人も、時間をもて余している人も、この季節は時間の外が身近になります。まるで未来のチャーミングな愛しい夢の中へ入ったように。

Everything But The GirlのTracy Thornのクリスマスアルバムを、この季節になると毎日のように聴いてます。Tracyの作品も、Everything But The Girlの作品も、もうひとりのメンバーのBen Wattの作品も、1年を通して聴いてます。この季節はTinsel and Lights。手紙を書きたくなる音楽。メールでも、LINEでもいいのですが、ひとりで聴いた後に言葉を書きたくなる作品。小さな音は言葉に想像力を与えてくれて、思わぬメッセージが伝えられるかもしれない。ひっそり思っていた、優しい言葉を、優しい声を手紙やメールやLINEで送る。それこそが1年の最高にして最良の感謝であり、唯一無二の贈り物になります。

The year is for this season. I always think of this season. Christmas melodies in shopping malls and stores, in train stations and department stores, and in the streets at night. Christmas in Japan is winter, but the illuminations are warm to wrap up the cold. Weekend parties are fine, but spending a weekday evening alone with music is a bit of luxury, feeling like you are outside of time. This is the season when imagination becomes a good partner, whether you are aimlessly walking around town, driving, or just sitting in your room and losing yourself in the sound. Whether you are always pressed for time or you have too much time on your hands, this is the season to be outside of time. It is as if you have entered into a charming and lovely dream of the future.

I listen to Everything But The Girl's Tracy Thorn's Christmas album every day during this season, and I listen to Tracy's work, Everything But The Girl's work, and the work of another member, Ben Watt, all year round. 
And Tinsel and Lights is my music of the season, the music that makes me want to write letters. It could be an email or a line, but after listening to it alone, it makes me want to write words. The small sound gives imagination to the words and may convey an unexpected message. Send a kind word, a kind voice, that you have been secretly thinking about, in a letter, e-mail, or LINE. That is the best and the highest appreciation of the year and the one and only gift.

Tinsel & Light

Tinsel & Light

Amazon

しあわせの景色/ The scenery of happiness

クリスマスがテーマの曲の中にも、小さな声で大きな世界を描く作品もいろいろあります。小さな声とは時代によって捉え方が異なるようですが、いまの時代においてはオールディーズやモータウンアメリカン・ポップスのダンス・ナンバーも、小さな音になるように感じます。定義はありませんが、たぶん未来に夢を持っている音楽が「小さな音」になるのだと思います。マーケティングやビジョンではない、リスナーや時代のペルソナも関係ない、そこにある音が心地よく鳴っている音楽には誰にも予想や想定できない未来があり、それは訪れた時にはじめて「未来」になる。愛する人から届いたクリスマスのプレゼントのように。

フィル・スペクターのクリスマス・アルバムを聴いていると、日本がまだ小さな声の国だった頃の都会を想像します。高度経済成長期だったのに、人情溢れる人々のつながりがあった時代。街の音もクリスマスには華やかで賑やかですが、けっしてうるさくない音。いま昭和の文化を若者たちが求めると言われますが、それは昭和という括りではなく、かつてこの国にあったしあわせの景色を心に刻んでいるのでしょう。

Among the Christmas-themed songs, there are various pieces that portray a big world with a small voice. A small voice is perceived differently in different times, but in this day and age, I feel that oldies, Motown, and American pop dance numbers can also be considered small sounds. I don't have a definition, but perhaps music that has a dream for the future might be a small sound. It is not marketing or vision, it does not matter the persona of the listener or the time period, the music that is there sounding pleasant has a future that no one can predict or assume, and it becomes "the future" only when it comes to visit. Like a Christmas present received from a loved one.

Listening to Phil Spector's Christmas album, I imagine a city when Japan was still a land of small voices. It was a time of rapid economic growth, yet people were connected with each other in a humane way. The sounds of the city were festive and lively at Christmas, but never too loud. It is said that young people are now seeking the culture of the Showa period, but they are not looking for the Showa period, they are looking for the scenery of happiness that existed in this country in the past.

クリスマスソング/Christmas Songs

11月の後半になりました。
僕はこの季節が1年で最も好きで、
ワクワクします。
その理由のひとつに
クリスマスソングが好きなことがあります。
クリスマスソングは
やさしいとてもやわらかいメロディーで、
楽しく歌えます。
そして、
楽しいだけではなく、
心を穏やかにしてくれます。

いろんなクリスマスソングがあります。
有名な曲も、そうでもない曲も、
それでもクリスマスソングは特別に感じます。
それは平和を願っているからかもしれません。
心の平和や現実世界での平和。
人が人を思いやる心。
自分だけがいいという時代は終わり、
助け合いながら、人と人がしあわせを作っていく時代へ。


僕は毎年、クリスマスソングを聴いて、
この1年の余計なことや
憂鬱なことや心配事を断捨離しています。
クリスマスソングは小さな声で歌えるので、
外を歩きながら口づさむのも素敵ですね!

 

We are now in the second half of November.
I like this time of year best.
One of the reasons is that I love Christmas songs.

Christmas songs are fun to sing because they have very soft and gentle melodies.
And not only are they fun, they also make me feel peaceful.

There are many Christmas songs.
Some are famous, some are not.
But I think Christmas songs are special.
Perhaps it is because they wish for peace.

Peace in our hearts and peace in the real world.
People caring for others.
A time when people help each other and create happiness.


Every year, while listening to Christmas songs, I throw away all the extra worries, depression, and anxiety that I have attached to myself during the year.

Christmas songs can be sung in a quiet voice. And it's nice to hum along while walking outside!

ママがサンタにキスをした

ママがサンタにキスをした

  • COFFEE MUSIC MODE
  • ジャズ
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

自分をそっとしておく/Detoxification of the soul

僕たちはいつも様々な事柄と対峙しています。あらゆる場面で決断していて、一喜一憂も少なからずあるように感じます。それが知らないうちに重荷になり、疲れることもあり、時にはPCの前に座れなくなることもあります。それを和らげてくれるのが、小さな声や言葉の作品の中にある癒しの波動でした。日々がやさしく感じることができたのです。これは小さな声の大きな発見でした。

どうしてなのか?それは作品に、僕たちの入るスペースがあるからだと思います。ただ聴いていたり、読んでいたりするだけで、作品を一方的に受け止めているのではなく、身を委ねることのできる空間を感じることができるのです。繰り返し連呼されるフレーズや強いビートを受けて呼応するのではなく、小さな、静かな、ゆっくりとした音や言葉の中に、僕たちひとりひとりが自由なリラックスを見いだす。もちろん、これは僕が感じることであり、それは違うよという方もいるかもしれませんが、何卒、そっとしておいて頂けましたら。人の数だけ個性があり、考え方や感じ方がある。人を尊重することは魂のデトックス。人だけはなく、自分もそっとしておくことが癒しへの扉です。

We are constantly faced with a variety of matters. Each time we are forced to make a decision, we unknowingly become burdened, exhausted, and sometimes unable to sit down in front of the PC. What healed me was the healing vibrations of small voices and words. I began to feel kind every day. This was a great discovery of the little voice.

Why is that? I think it is because there is a space in the work for us to enter. Just by listening or reading, we feel a space where we can surrender to the work, rather than just receiving it one way or another. Instead of responding to repeated phrases or strong beats, each of us finds free relaxation in small, quiet, slow sounds and words. Of course, this is how I feel, and some may say it is different, but I hope you will kindly leave me alone. Everyone has his or her own individuality and way of thinking and feeling. Respecting others is a detoxification of the soul. The door to healing is to leave not only people alone, but also yourself alone.

#癒し #小さな声 #clairo

Sling [Standard Vinyl] [12 inch Analog]

Sling [Standard ] [12 inch Analog]

  • アーティスト:Clairo
  • Republic
Amazon

 

静かな波のように/Like a quiet wave

小さな音や本は、聴いたり読んだりした時に、言葉にできないほど癒され、その中にあるメッセージが、自然に心地よく入ってきます。

ゆっくりしなやかに、まるで静かな波のように。

Little sounds and books, when listened to or read, are unspeakably soothing, and the message in them comes in naturally and comfortably.

Slowly and supple, like a quiet wave.